Calendar
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
本のこと
歌のこと 
日々のこと
きままに きまぐれに うたうように 日々更新中
Profile
Category
Comment
ブクログ
Mobile
qrcode
Search
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
巡りあうために ただ

評価:
三浦 しをん
新潮社
¥ 1,890
(2006-09-21)
コメント:いいなぁこれ。

冬休み直前に図書室で借りてきた本です。
最近続く「走り」モノ。
でもこれは・・・来たっ!!!><
元々「一瞬の風になれ」好きなんで、これもハマるかなぁと思っていましたが、
ハ マ り ま し た 。

※以下若干のネタバレあり注意※

 ボロアパートに住む10人の大学生(半数以上は陸上経験なし)が、
1年をかけての箱根駅伝を目指すストーリーです(説明下手ですいません

箱根の予選・そして本番に向けて、「頂点」に向かって、10人が走ります。

とにかくなんといっても、登場人物たちがそれぞれ個性的で魅力たっぷりです
10人もいるのでごっちゃになりそうですが、個性がはっきりしていて
その心配だけはありません(笑)。

彼ら10人はほとんどの人が陸上経験がなく、
数kmもまともに走れない人ばかりです。

そんな彼らに箱根を目指すと告げた「ハイジ」、
ハイジが一目ぼれした走りの申し子「走(かける)」
そっくりで見分けのつかない双子「ジョータ」と「ジョージ」
クイズ番組は録画して何度でも観る「キング」
温厚で丁寧な日本語を喋る黒人留学生「ムサ」
故郷の村の中では天才だった、ムサのよき理解者「神童」
司法試験に合格済み、弁護士を目指す「ユキ」
なかなか大学を卒業しない、ヘビースモーカー「ニコチャン」
部屋の中は漫画だらけ、漫画がないと生きていけない「王子」

箱根を走るのは1チームにつき10人ですが、普通は何人もの陸上部員の中から
選び抜かれた10人が走り、もちろん補欠まできちんといるもの。
しかしボロアパートの彼ら――寛政大(即席?)陸上部は、部員10人。
そして、毎年箱根を目指す強豪校は、全国から才能のある人たちをスカウトし
箱根のために育成しているようなところばかり。
そんな手強すぎる・・・というよりレベルが違いすぎるライバルたちに対して
寛政大の10人は、箱根駅伝に出場することが出来るのか?!
そして「頂点」を見ることはできるのだろうか・・・・・・!!??
| favorite | comments(0) |
スポンサーサイト
| - | - |









Material by Night on the Planet
Template by NoIndex